息子のトレーニングは速いもので

俺の子供は超未熟児で産まれた。超未熟児は1000g未満で産まれてきたベイビーのことだ。

当時婦人が切迫早産で産んでしまった状況を連日のように後悔していた。なおさら胴の中に入れてあげれなくてごめんね…という連日のように呟き泣いていた。

こんなアニマルのベイビーのように小さかった乳児だが、大きなオペを何度か飛び越え今も情熱いっぱいに一生をやる。

俺の乳児は最近4年齢で、惜しくもすると5年齢のバースデイを控える。

未だに自らランチタイムはできないし、話すこともできない。オムツだって自分で差し替えることもできないし、着替えもできない。

けれども少しずつ当人のペースでゆっくりと成長している。いまだに自分でできることは少ないが、一生懸命に何かを伝えようとしている。

そんな乳児を見ていると自分には何がもらえるのかと困り、練り上げることもあるが乳児と共に成長していけたらという。

近頃はからずも婦人が「犬が欲しい」とやにわに話した。急にどうしたものかと思ったが、院内犬を養うこととなった。

悪徳タン色調のスムースチワワ。全然小さくて可愛い。

何でも乳児と散歩している時に、そばの犬に関心を持っていたからと後から飼った要因を聞いた。

やっぱり母親のヒューマンは子供をぐっすり見ているもんだなあと思った。俺は休暇に遊んでいるぐらいで、普通の昼間の子供の調子を知らない。子供の状況について婦人には負けるなあというが、子供において取り得のダディーに生まれ変われるように生活関わるのみです。

身寄りが俺、婦人、乳児、愛犬って四ヒューマン身寄りとなった。そろそろだらだら大変なこともあるだろうが、身寄り4ヒューマンで乗り越えていきたい。クリアネオは楽天で買うと損します。