子供の展開は速いもので

こちらの乳児は超未熟児で産まれた。超未熟児は1000g未満で産まれてきた赤ちゃんのことだ。

当時奥様が切迫早産で産んでしまったやり方を一年中のように後悔していた。ぐっと腹の中に入れてあげれなくてごめんね…って一年中のように呟き泣いていた。

そんな生き物の赤ちゃんのように小さかった乳児だが、大きな施術を何度か飛び越え今も活力いっぱいに一生をやる。

こちらの乳児は昨今4年で、惜しくもすると5年のバースデイを控える。

相変わらず自らミールはできないし、話すこともできない。オムツだって自分で入れ換えることもできないし、着替えもできない。

けれども少しずつ自己のペースでゆっくりと成長している。まだまだ自分でこなせることは低いが、一生懸命に何かを伝えようとしている。

そういう乳児を見ていると自分には何が見込めるのかと困り、位置付けることもあるが乳児と共に成長していけたらという。

この間ちらっと奥様が「犬が欲しい」といういきなり言いだした。急にどうしたものかと思ったが、内部犬を養うこととなった。

悪徳タンコントラストのスムースチワワ。本当に小さくて望ましい。

何でも乳児と散歩している時に、傍の犬に期待を持っていたからと後から飼ったわけを聞いた。

やっぱマミーの人は乳児をそれほど見ているもんだなあと思った。こちらは休みに遊んでいるぐらいで、通常の昼の乳児の塩梅を知らない。乳児のやり方について奥様には負けるなあというが、乳児において誇りの父さんに生まれ変われるように例年踏ん張るのみです。

家庭がこちら、奥様、乳児、愛犬って四人家庭となった。どうにか長々大変なこともあるだろうが、家庭4人で乗り越えていきたい。http://xn--dck0atx5c6j5bi7dc5gr251gquxd.net/