子どもの調教は手っ取り早いもので

ボクの小児は超未熟児で産まれた。超未熟児は1000g未満で産まれてきたベビーのことだ。

当時母親が切迫早産で産んでしまった時を四六時中のように後悔していた。もうお腹の中に入れてあげれなくてごめんね…って四六時中のように呟き泣いていた。

こんな動物のベビーのように小さかった息子だが、大きな施術を何度か乗りこえ今も気合いいっぱいに家計をやる。

ボクの息子は現在4年齢で、しばしすると5年齢の年令を控える。

依然として自らミールはできないし、話すこともできない。オムツだって自分で置きかえることもできないし、着替えもできない。

けれども少しずつ当事者のペースでゆっくりと成長している。まだ自分でもらえることは少ないが、一生懸命に何かを伝えようとしている。

こんな息子を見ていると自分には何が見込めるのかと困り、練り上げることもあるが息子と共に成長していけたらという。

先日ちょっと母親が「犬が欲しい」といきなり話した。急にどうしたものかと思ったが、院内犬を養うこととなった。

悪徳タン色あいのスムースチワワ。何とも小さくて美しい。

何でも息子と散歩している時に、そばの犬に期待を持っていたからと後から飼ったポイントを聞いた。

やはり女房のやつは小児をそれほど見ているもんだなあと思った。ボクは休日に遊んでいるぐらいで、日頃の昼の小児の様態を知らない。小児の時に関して母親には敗れるなあというが、小児において取り柄のダディに生まれ変われるように日毎始めるのみです。

家事がボク、母親、息子、愛犬といった四やつ家事となった。もうすぐ何やかや大変なこともあるだろうが、家事4やつで乗り越えていきたい。ソーシャルレンディングを比較する