キッズの展開は手っ取り早いもので

自分の小児は超未熟児で産まれた。超未熟児は1000g未満で産まれてきた乳児のことだ。

当時奥さんが切迫早産で産んでしまった趣旨を毎日のように後悔していた。二度と腹部の中に入れてあげれなくてごめんね…という毎日のように呟き泣いていた。

こんな生き物の乳児のように小さかった子供だが、大きなオペレーションを何度か乗りこえ今も精気いっぱいに生活をやる。

自分の子供は現時点4年で、惜しくもすると5年の年令を控える。

相変わらず自らごはんはできないし、話すこともできない。オムツだって自分で入れかえることもできないし、着替えもできない。

それでも少しずつ己のペースでゆっくりと成長している。未だに自分で望めることは低いが、一生懸命に何かを伝えようとしている。

そんな子供を見ていると自分には何ができるのかと困り、図ることもあるが子供と共に成長していけたらという。

以前ちらっと奥さんが「犬が欲しい」といった急遽話し出した。急にどうしたものかと思ったが、内部犬を養うこととなった。

悪徳タン色のスムースチワワ。どうしても小さくてかわゆい。

何でも子供って散歩している時に、周辺の犬に注意を持っていたからと後から飼った長所を聞いた。

何しろ女房の方は小児をよく見ているもんだなあと思った。自分は休暇に遊んでいるぐらいで、日常の昼間の小児の兆候を知らない。小児の趣旨に対して奥さんには負けるなあというが、小児にとりましておごりのダディーに生まれ変われるように連日手掛けるのみです。

家庭が自分、奥さん、子供、愛犬って四方家庭となった。これからいろいろ大変なこともあるだろうが、家庭4方で乗り越えていきたい。初心者が心がけるべき、ゴルフ上達方法