ちびっこの展開は手っ取り早いもので

我々の幼児は超未熟児で産まれた。超未熟児は1000g未満で産まれてきたベイビーのことだ。

当時奥さんが切迫早産で産んでしまった地を日々のように後悔していた。再び腹部の中に入れてあげれなくてごめんね…って日々のように呟き泣いていた。

こんな鳥獣のベイビーのように小さかった息子だが、大きなオペを何度か乗り越え今も活力いっぱいに暮らしをやる。

我々の息子は現在4年代で、惜しくもすると5年代の年齢を控える。

相変わらず自ら食生活はできないし、話すこともできない。オムツだって自分で取り換えることもできないし、着替えもできない。

けれども少しずつ自分のペースでゆっくりと成長している。依然自分でやれることは低いが、一生懸命に何かを伝えようとしている。

こんな息子を見ていると自分には何ができるのかと困り、図ることもあるが息子と共に成長していけたらという。

過日つい奥さんが「犬が欲しい」といった急きょ言いだした。急にどうしたものかと思ったが、院内犬を養うこととなった。

悪徳タンコントラストのスムースチワワ。誠に小さくてかわゆい。

何でも息子という散歩している時に、身の回りの犬に注意を持っていたからと後から飼った要因を聞いた。

前もって妻のお客様は幼児をしばしば見ているもんだなあと思った。我々は休日に遊んでいるぐらいで、カジュアルの昼間の幼児の加減を知らない。幼児の地について奥さんには負けるなあというが、幼児にとりまして自慢の父に生まれ変われるように身辺頑張るのみです。

身寄りが我々、奥さん、息子、愛犬という四お客様身寄りとなった。やっとなんだかんだ大変なこともあるだろうが、身寄り4お客様で乗り越えていきたい。オーディション情報